各種イベント・音楽活動情報

しいの実 チャリティー活動分野

演歌歌手としてのメインの音楽活動以外にも、しいの実が力を入れている「チャリティー/ボランティア」活動について、以下ご紹介しております。

しいの実 愛の基金

しいの自身、知的障がいの娘を持つ父親として、「誰かの支えがなければ生きていけないこの子たちのために」と、「しいの実」としての音楽活動の際にお客様からチャリティーとして寄付いただいた貴重な浄財を、岐阜市の「知的障がい者育成会」に、1981年から毎年寄付してきました。

そして1988年、寄付金が500万円に達したころ、しいの実 の後援会長であり、岐阜市の「知的障がい者育成会」の理事長でもあった小野金策氏からの発案を受けて知的障がいの子供たちのために設立された基金、それが「しいの実 愛の基金」です。

しいの実 愛の基金「知的障がい者に愛の手を」チャリティーゴルフ大会

1988年、基金をより一層集めて有効に活用できるよう企画されたイベントが、チャリティーゴルフ大会です。

これまでご賛同いただいた皆さんの温かいご支援により、2007年までにチャリティーゴルフ大会は第20回大会を盛況のうちに無事終えることが出来ました。

この第20回大会を記念して、当初より快くこれまでホールを貸切にしていただいた「ボゥヴェールカントリークラブ」様に、「しいの実の木」を記念植樹させて頂きました。

基金は、2004年までに2,800万円に達し、2005年以降は基金積み立てを休止し、岐阜市の各知的障がい者用施設へ不足している物品を提供する形態を取っており、2011年までに22の施設へ 計9,082,665円の必要物資をお送りいたしております。

これまでの「しいの実 愛の基金」の活動実績は、毎回200人を越す参加者の皆様、新聞をはじめとするメディアスポンサー様、賞品スポンサー様のお一人お一人の温かいご厚意によって支えられ、進めていくことができました。

2012年9月6日(木)には、「ボゥヴェールカントリークラブ」にて第25回大会を開催しました。

しいの実 ボランティア活動

しいの実は、これまでにご紹介しましたチャリティー活動以外にも、福祉施設、老人施設、刑務所等へのボランティアとしての慰問も積極的に行っております。

Return Top